日本トリムは、電解水素水(還元水)をベースに世界へ挑戦するオンリーワン企業を目指します。


ニュース&トピックス

HOME >> ニュース&トピックス >> 2017年新着情報 >> 電解水素水の飲用効果、メカニズムの解明を目指し理化学研究所との共同研究を開始

  • 最新情報をお届けします! メールマガジンのご登録はこちら

2017年 │ 新着情報

2017/06/26
電解水素水の飲用効果、メカニズムの解明を目指し理化学研究所との共同研究を開始


電解水素水の飲用効果、メカニズムの解明を目指し
日本トリム 理化学研究所との共同研究を開始


 日本トリムは、国立研究開発法人理化学研究所(本部:埼玉県和光市、理事長:松本 紘、以下「理研」)と「電解水素水の効果の機序解明」に関する共同研究を本格的に開始いたします。

 電解水素水整水器は、胃腸症状改善の効果が認められた管理医療機器に指定されております。 当社では、1995年から20年以上に亘り国内外の研究機関と電解水素水(※1)に関する産学共同研究を実施し、胃腸症状改善以外の疾病予防や血液透析での副作用の抑制、農作物の収穫量増加など、優れて有意な生体効果を国際学術誌等で論文発表してきました(※2)。この度の共同研究は、動物及びヒトに対する効果の体系的なメカニズムを、理研が保有する国内最先端の研究ノウハウや計測技術等を活用して解明することを目的としています。研究期間は5年間とし、1、2年の比較的短期的な研究に加え、より高度な機能性を追求する中長期的研究を並行して実施いたします。

 これまで蓄積してきた研究成果をさらに発展させ、また今後、電解水素水の各分野での事業拡充にも大きく貢献するものと期待し、本研究を事業の中核の一つと位置付けております。その成果をもとに、より高機能な電解水素水の生成方法や、新たな活用分野の開発にも取り組み、幅広く社会に貢献すべく邁進してまいります。

※1:電解水素水整水器から電気分解で生成されるアルカリ性の水素含有水
※2:27報、2017年6月26日現在

ニュースリリース全文はコチラからご覧いただけます



PAGE UP