電解水素水|浄水器|整水器|日本トリム


総合製品情報

日本トリムHOME >> 総合製品情報 >> 電解水素水整水器 >> AQUA水素 AQ-HU

電解水素水整水器 TRIM ION

AQUA水素 AQ-HU


蛇口周りがスッキリ、ワンウェイタイプ
蛇口に水道水給水ホース1本を接続し、電解水素水・酸性水・浄水

蛇口に水道水給水ホース1本を接続し、電解水素水・酸性水・浄水は本体上部のジャバラ自在水栓から取水します。水栓はフレキシブルで360度回転でき、色々な容器にも取水が可能です。


マイクロカーボンカートリッジでJIS規格指定13物質+浄水器協会自主規格3物質除去
JIS規格指定による13物質※1を7トン除去!PREMIUMマイクロカーボンカートリッジ

マイクロカーボンカートリッジは、内部に無数の微細孔をもつ多孔性の炭素物質で構成されており、溶解物質の吸着が早く、濁りなどの微粒子までしっかり取り除きます。新成型法により、マイクロカーボンだけでJIS規格指定13物質及び浄水器協会自主規格3物質の除去が可能になりました。また、ろ材が目詰まりしにくく、水が流れやすいのが特徴です。


カートリッジの断面図画像
①不織布

繊維を3次元構造に重ね合わせ結合した多孔質シート。マイクロカーボンを通る前に、まずこの部分で大きい粒子の物質を除去します。

②マイクロカーボン(非常に細かい活性炭)

当社のマイクロカーボンカートリッジは、NSF認証を取得した活性炭(当社共同開発)を使用しています。

【NSF認証活性炭メーカー/品番】
・株式会社クラレ/T-SCO 60/150THM
・フタムラ化学株式会社/CN8200G

NSF認証とは

世界的に認められた公衆安全衛生に関わる非営利機関であるNSFインターナショナルが制定した公衆安全衛生に係わる規格であり、認証には厳しい試験をクリアしなければなりません。

2017/1/1現在

浄水カートリッジろ過能力(総ろ過水量:全て12トン)


※JIS S 3201での試験方法および浄水器協会自主規格基準での試験結果(試験ろ過流量4L)


JIS規格指定13物質
1 遊離残留塩素(カルキ) 8 テトラクロロエチレン
2 濁り 9 トリクロロエチレン
3 総トリハロメタン 10 1,1,1-トリクロロエタン
4 クロロホルム 11 CAT(農薬)
5 ブロモジクロロメタン 12 2-MIB(カビ臭)
6 ジブロモクロロメタン 13 溶解性鉛
7 ブロモホルム    

 ※ 総トリハロメタンとは上記4〜7の4物質の総称です。


浄水器協会自主規格3物質
1 ジェオスミン(カビ臭)
2 フェノール類
3 陰イオン界面活性剤

・浄水カートリッジの交換時期は、水のろ過量・水質・水圧などにより異なります。


・交換時期のお知らせは、最初のご使用から約1年で表示されます。また、総通水量が約12tに達した場合は1年以内でも表示されます。 表示されましたら、カートリッジをご交換ください。


器内加熱防止空冷ファン付で器械の負担を軽減

長時間使用等で電気回路に発生した熱を強制的に器外に放出し、空冷ファンで冷やします。器械に余計な負担がかからず丈夫で長持ちします。


電解機能をパワーアップ

電解電圧をパワーアップし、電解しにくい(電解水素水の出来にくい)原水や井戸水の生成可能地域が拡大されます。


8セルの多層型電解槽採用

効率の良い電気分解をするためには水の単位体積当たりの電気量を多くすることが必要です。AQUA水素 AQ-HUは8セルの多槽型電解槽を採用し、電解効率を高めています。


液晶パネルでお知らせを表示。操作部はわかりやすく、扱いやすい。
液晶パネル

液晶パネルを採用し、溶存水素濃度(目安)や積算通水量、カートリッジ交換時期などさまざまなお知らせを表示します。操作部はわかりやすく、スイッチは大きく、操作しやすい設計になりました。

また、水を多用するシンク周辺に設置するため、タッチスイッチは防水加工を施しています。


電解水素水の生成をメロディでお知らせ

電解水素水の生成中はメロディー音で知らせてくれます。メロディー音が気になる方は音量の調整ができます。


過電流防止装置

電解質の多い水道水を電気分解すると電気が異常に多く流れる時がありますが、AQUA水素 AQ-HUは電気量を安定させます。


過熱防止装置

電解質の多い水道水の地域では機器が過熱する場合がありますが、AQUA水素 AQ-HUは過熱防止装置がセットされていますので安心です。


誘導雷安全対策用サージアブソーバ

誘導性の雷が発生しても本体の保護回路が作動する安全装置付です。



PAGE UP