電解水素水|浄水器|整水器|日本トリム


総合製品情報

日本トリムHOME >> 総合製品情報 >> 電解水素水整水器 >> TRIM ION GRACIA

電解水素水整水器 TRIM ION

TRIM ION GRACIA



タッチパネルと音で操作状況が確認できる。
タッチパネルと音で操作状況が確認できます。

タッチパネルの中央に触れると取水モード選択画面が表示されます。取水モードをタッチして整水ハンドルをまわせば、選択した水が得られます。また、電解水素水の生成中には、メロディーICにより音楽が流れ、電解生成していることをお知らせします。


ハンドシャワー付きでシンク周りのお手入れが簡単
ハンドシャワー付きでシンク周りのお手入れが簡単

ホースを引き出せばハンドシャワーになり、シンク周りのお手入れにも便利です。さらに、シャワーヘッドにシャワー切替ボタンが装備されており、通水中にストレートからシャワーに切り替えできます。


奥行きわずか10センチのコンパクトなアンダーシンク型本体
奥行きわずか10センチのコンパクトなアンダーシンク型本体

本体をシンクの下に収納するアンダーシンクタイプの高性能電解水素水整水器です。奥行きわずか10センチ、高さも32.9センチの本体なのでシンク下にすっぽり収納。しかもいまお使いの水道ラインをそのまま使用しますので、別に専用水栓を取り付ける必要がありません。

浄水カートリッジはカバーを外し、高さを約40mm浮かすだけで容易に交換が可能です。


水素シグナルで水素の生成をお知らせ

電解水素水の生成時にタッチパネルの水素シグナルが点滅し、水素の生成をお知らせします。水素の濃度が高いときは点滅の速度が速く、低いときは点滅の速度が遅くなります。


マイクロカーボンカートリッジでJIS規格指定13物質+浄水器協会自主規格3物質除去
JIS規格指定による13物質※1を7トン除去!PREMIUMマイクロカーボンカートリッジ

マイクロカーボンカートリッジは、内部に無数の微細孔をもつ多孔性の炭素物質で構成されており、溶解物質の吸着が早く、濁りなどの微粒子までしっかり取り除きます。新成型法により、マイクロカーボンだけでJIS規格指定13物質及び浄水器協会自主規格3物質の除去が可能になりました。また、ろ材が目詰まりしにくく、水が流れやすいのが特徴です。


カートリッジの断面図画像
①不織布

繊維を3次元構造に重ね合わせ結合した多孔質シート。マイクロカーボンを通る前に、まずこの部分で大きい粒子の物質を除去します。

②マイクロカーボン(非常に細かい活性炭)

当社のマイクロカーボンカートリッジは、NSF認証を取得した活性炭(当社共同開発)を使用しています。

【NSF認証活性炭メーカー/品番】
・株式会社クラレ/T-SCO 60/150THM
・フタムラ化学株式会社/CN8200G

NSF認証とは

世界的に認められた公衆安全衛生に関わる非営利機関であるNSFインターナショナルが制定した公衆安全衛生に係わる規格であり、認証には厳しい試験をクリアしなければなりません。

2017/1/1現在

浄水カートリッジろ過能力(総ろ過水量:全て12トン)


※JIS S 3201での試験方法および浄水器協会自主規格基準での試験結果(試験ろ過流量4L)


JIS規格指定13物質
1 遊離残留塩素(カルキ) 8 テトラクロロエチレン
2 濁り 9 トリクロロエチレン
3 総トリハロメタン 10 1,1,1-トリクロロエタン
4 クロロホルム 11 CAT(農薬)
5 ブロモジクロロメタン 12 2-MIB(カビ臭)
6 ジブロモクロロメタン 13 溶解性鉛
7 ブロモホルム    

 ※ 総トリハロメタンとは上記4〜7の4物質の総称です。


浄水器協会自主規格3物質
1 ジェオスミン(カビ臭)
2 フェノール類
3 陰イオン界面活性剤

・浄水カートリッジの交換時期は、水のろ過量・水質・水圧などにより異なります。


・交換時期のお知らせは、最初のご使用から約1年で表示されます。また、総通水量が約12tに達した場合は1年以内でも表示されます。 表示されましたら、カートリッジをご交換ください。


電解調整スイッチ
電解調整スイッチ

本体上部にある電解調整スイッチで、低電解モードに切り替えてご利用いただくことができます。この機能は硬水地域や水量が少なく電解水素水pH値が上がり過ぎる場合に有効です。


8セルの多層型電解槽

水の電気分解を効率的にするためには、水の単位体積当たりの負荷電気量を大きくすることが必要です。トリトリムイオングラシアは8層に分かれた多層型電解槽を採用し、電解効率を高くしています。


セーフティバルブ機能、水漏れセンサーを装備した安全設計

本体内部の水道圧の異常を感知するとセーフティバルブ機能が働きます。また、万一本体より水漏れが発生した場合には、水漏れセンサーが感知して、強制的に電磁弁により止水する安全装置が装備されています。




PAGE UP